外付けhddでデータ保護~安心してお守りするハートプラン紹介~

初心者でも簡単な活用法

HDDコピーをする方法について簡単まとめ

HDD

HDDコピーをできる方法がいくつかありますがその中の一つの方法を紹介します。 この方法を使えばちよっと面倒ですが確実にHDDコピーが可能です。初心者でもできるのでやってみるかちはあります。 まず、HDDコピーをしたいHDDとするHDDを用意して両方ともパソコンに接続します。 あとはパソコンの方で両方のHDDのファイルを開いてそのファイルを一つずつコピーすることによってHDDコピーができます。ちょっと時間はかかってしまいますが、確実にコピーができます。 この方法のメリットは自分で確認しながらコピーができるのでどれをコピーしたかがわかるので間違えることなくコピーをすることができます。 この方法を使うことによっていくつものHDDコピーが可能です。

シリアルATA接続でHDDコピーを激速実施

以前に比べるとHDDの容量は格段に大きくなっており、HDDコピーにかなり時間がかかるようになってきています。 パソコンの新規購入や修理時にHDDコピーをしてデータ移行する場合、一昔前まではUSB接続で行っていましたが、USBでも現在最速の規格であるUSB3.0規格でも実行速度は約120MB/sです。ですが、最近はシリアルATA3規格でのHDDコピーが主流となってきました。パソコン本体にeSATAコネクタがある場合は、実行速度で約600MB/sと、USB3.0の約5倍も速い計算となります。 外付けHDDはゲーム機やテレビなどでも使うことが多くなってきましたが、HDDコピーをする際はSATA3接続なら確実に速くコピーすることができるようになります。

Copyright ©2015 外付けhddでデータ保護~安心してお守りするハートプラン紹介~ All Rights Reserved.